歳をとって誰でもいつかはいなくなっていくものだけど・・・

子供の頃、兄と私は夏休みには母と一緒に祖母が一人暮らしをしていた家に帰省していました。
祖母が他界してからも、母がいつでも帰って来れるようにと家はそのままの状態で、近くに住む叔父が管理してくれていましたが、その母が亡くなってしまいました。
母の死から10年、祖母の死からは20年が経過して、その家もさすがに老朽化して来た為に、叔父が建て替えを決断し、そこに住むことになりました。
祖母が亡くなった時にきちんと家や土地の相続手続きをしていなかったのですが、建て替えの資金の融資を受ける為に土地と家の名義を替える必要に迫られました。

祖母の家はその子である母とその兄弟が相続することになりますが、母も亡くなっている為に、母の分は兄と私が代わりに相続人になるとのことでしたが、
田舎で資産価値もないし、マイナスの部分も含めて叔父一人の名義の方がややこしくないからということで、兄と私は相続権放棄の手続きをしました。

3年前に叔父が亡くなり、後を追うように叔母も翌年亡くなりましたが、叔父夫婦には子供がいません。
叔母が一人になってからの間に相続の手続きはしていなかったものの、叔父の死後、叔父の財産を相続するのはどう考えても叔母しかいません。
そして、叔母が亡くなってしまったら、叔母の財産を相続するのは、当然叔母と血のつながっている人、当然もう親もいないので、叔母の兄弟ということになります。
祖母から叔父に名義を変えるときに相続権放棄をしていなければ、また事情は違ったのかもしれませんが、そこは調べたりしていません。

建替えたものの、祖母と母と過ごした家に一番思い出があるのは、今生きている人の中では兄と私でしょう。
叔母のきょうだいにしても、たとえばお金ならだれがもらっても困りはしないけれど、実際は叔父の母親のものだった家を相続するというのも、きっとピンと来ないと思います。
今生きている人で、この件に関わる人は私たち兄弟を含めて、別に欲を出して、相続権を主張したり、もめている、というのではないのですが、
法律で決まっている相続人より、他の人が継承するほうが心情的にはふさわしい場合があるのだと、皆がなんとなくしっくりこない感じです。
ポイントは母が早くに亡くなったこと、叔父夫婦に子供がいなかったことだと思うのですが、自分自身がそういう事を考えることになるとは想像していなかったです。

スムーズな相続手続きと円満解決術

相続は難しいと思われますが意外と勉強で解決できるんです。
ファイナンシャルプランナーの資格勉強では学科・実技試験両方に必ず出題される位です。(実技のみ合格で正式な有資格者ではありません)

相続については必ず最低3つことを頭に入れておいてください。
一つ目は相続権についてです。
相続権は例として私の父が亡くなったときの話です。
基本相続人は妻・子2人(私と弟)の場合ですが法定相続の場合の取り分は法律で決まっています。
この場合妻1/2・子それぞれ1/4となります。
ただしこれには相談の余地はあります。
私の場合「遺産相続は母の老後資金にする」と弟と話し合いをして相続権を母に譲り母が100%相続としました。
あくまでも法律は争い事があった場合に適用になり、円満に解決できる場合は法律通りでなくても良いのです。

2つ目は生前遺言状があった場合です。
これはパソコンとかの文書は無効です。
直筆のものに限ります。
印鑑も実印が望ましいが認印でもOKなんです。
この場合は何回書いても(訂正)良いのですが一番有効になるのは最新日付のものが最優先されます。

最後に3つ目です。
もし資産がマイナス(負債)がある場合です。このようなときは遺産相続=負債相続となるケースがあります。
相続放棄は3ヶ月以内に裁判所に申請しましょう。
私の場合は2の遺言状は無し。3の負債も無しでしたので1の相続権の譲るだけが該当しました。
もし、相続についてもっとくわしい話を聞きたい場合は近くの司法書士に相談してみましょう。
10万円位が相場で相続手続き代行もしてもらえます。
特に土地の登記は難しい手続きなので代行してもらったほうが簡単です。参考にしてください。

田舎の不動産相続の悩み

私は30代で4歳年上の姉が居ますが、昨年母方の祖母と父方の祖父を亡くし、現在両親は相続した不動産を整理しています。
母が両親から相続した土地は38筆、父が父親から相続した土地は11筆だそうです。
不動産と言っても収益のあるものではなく山林、田、畑などです。
田舎なので山を持っている家が珍しくありません。
そしてこれらの不動産にかかっている固定資産税は年間50万円だそうです。
これを私と姉のために少しでも圧縮しようと、両親は畑を山林に変えたり貸している土地は売るなど、頑張っているようです。
両親は「相続放棄すればいい」と言ったり「少しでも負担を軽くするようにする」と言ったりで、真剣に方針を話し合うには至っていません。
それにしても年間50万円を払い続けるのはサラリーマンの夫の収入に頼る我が家では到底無理、非現実的です。
私たちが払いきってもその後は私と姉の子供が払うのか?本当に相続放棄しかないように思えてきます。

土地以外にも建物も古くて広いので、悩ましいです。
建築士の父が、母の実家の蔵は解体に350万円はかかるだろうというのです。
実家は以前は私の曾祖父母も合わせて8人が暮らしていた90坪程度の建物ですが、今は両親の二人暮らしです。
部屋が余っているので納屋と蔵を壊して住宅のみにしてほしいと頼んだのですが、納屋にはソーラーパネルが設置してあり壊すのがもったいないのです。
ソーラーパネルを設置したのももう10年以上前で、そのときは減築など家族のだれも考えていませんでした。
両親からの相続が10年後になるのか30年後になるのかは分かりませんが、必ずやってきます。
両親が死ぬ話をするのは気まずいことですが、一度家族で話し合わなくてはいけないと思っています。

兄弟間で相続争いはするなという父親の教えがありました。

祖父が死んだとき、両親は相続で苦労しました。
というのも、祖父には私の父以外に息子がいたのです。
祖父はその息子の母親と離縁したとき、その息子も一緒に母親の実家に返しました。
それ以後、その息子とは付き合いがなく、私の父も一応存在は知っているものの会ったことはないという状態だったのです。
ところが、祖父の葬式にその息子が来たのです。
彼は祖父を恨んでいました。

母親の実家でかなりの苦労をされたみたいです。
祖父はそれなりの資産家だったにもかかわらず、彼らに全くお金を渡していませんでした。
彼も息子だから、当然相続の権利はあります。
ところが祖父は面倒事を予期していたのか、生前に土地の名義書き換えや預貯金の贈与を済ませていました。
そのことを知った彼は、自分の財産の取り分をめぐって裁判を起こしたのです。
結局、相続が完了するまで五年以上かかりました。
このときのことがトラウマになったのか、私や妹は両親から「相続でもめるようなことだけはするな」と繰り返し言われてきました。
父親は亡くなる間際、病院のベッドの上でまでそのことを言っていました。
なので、父親の他界後は、父の財産を私と妹できっかり半分ずつに分けて相続しました。
相続のときのトラブルがなかったために、今でも妹とはよく行き来しています。相続をきっかけに兄弟の仲が悪くなったという話を友人からもよく聞きます。
そんなことにならなくてよかったなとつくづく思います。これも父が自分の苦労を私たちに教えてくれたからだと思っています。

相続はよくわからないまま終わってしまった。

昨年、母が亡くなり、初めて相続の当事者となりました。
身内が亡くなって初めて相続が発生しますが、本当は元気なうちから相続の準備をしていた方がいいのだと言う事がわかりました。
母は、病気になってから、相続の準備をはじめましたので、遺言とか遺書というものはありませんでした。
その相続に関する配分も全て兄にまかすという事になり、母は兄に従ってほしいというのが希望でした。それが精一杯できる事だったのでしょう。病床では思うように動く事もできませんでしたから。
なので、母と兄は頻繁に病院で話し合いをしていたようです。
そして、その時がきました。色々な儀式や手続きをやっと終えて、私も自分の家に戻った後、相続の金額が決まり、それを振り込むので、書類に押印してほしいとの事だったので、それに従い、その送金も終了しました。
内容としては、同額を兄弟で分けてそれを振り込むという事になりました。
内容的には法律に従った割合なので、私もそれを承諾しましたが、実際にはどのくらいの資産と負債があったかは未だにわかりません。
これでいいのかなと疑問も残るのですが、そこで一つ一つ資産を調べる事もできず、負債についても触れる事なく今に至っております。
相続は専門家に相談するのがよいとあります。例えば税理士等です。でも、大きな財産に至らない場合が多いと思いましたし、その場合は、結局曖昧に終わってしまうものなのかもしれません。

兄の借金の行方に不安な日々が続いています。

兄の他界後、兄に多額の借金があることがわかりました。1億円以上でした。
兄には妻と子ども二人がいます。
妻と子どもたちは相続放棄の手続きをとるという話でしたが、それは葬式のときの会話で出ただけなので、本当に相続放棄するのか、いつするのかはわかりません。
彼女たちが相続放棄したら、今度は妹である私に回ってきます。
期限内に相続放棄の手続きをしなければ、相続したとみなされると聞いたことがあります。
なので、私も順番が回ってきたら相続放棄手続きをしなければならないのですが、彼女たちの方から何も言ってこないので、不安で仕方ありません。元々、兄家族とはあまり仲良くなく、兄の生前もほとんど交流がありませんでした。なので、相続のことで電話するのもためらったのですが、そうも言っておられないので、思い切って妻の携帯に電話してみました。留守電でした。それ以後、電話しても連絡がつかず、そのうち彼女が携帯電話を解約したことを知りました。今、彼女たちがどこに住んでいるのかもよくわからない状態です。弁護士に相談したところ、登記所に通って相続放棄をしたのかを確かめるしかないと言われました。兄の他界から二か月、いまだに相続の行方がはっきりせずに、眠れない夜が続いています。

相続セミナーに参加して

相続税の改正のために、相続税の対象になる人が増えそうだ…とテレビのニュースで取り上げられることが多くなりました。
そのせいでしょうか、この頃はあちこちで「相続セミナー」なるものが開催されているようです。

私の母は、数年前に亡くなりましたが、持病があったため、早くから「遺産をどうするか」ということについて考えていたようです。
そのため、私の母は生前に「相続セミナー」に参加したい、と言いました。

我が家の場合は、相続税の対象になるほどの財産はありませんでしたが、実家の家と土地がありました。
子供が3人いて、家と土地がからむと相続の手続きが大変、ということも人から聞いていました。
「一人で行くのは心細いから、あなたも来てちょうだい」と、娘である私にも同行してほしいと頼まれました。

セミナーでは、相続に関わる手続きにどんなものがあるか、をていねいに教えて下さいました。
また、模擬葬儀も行われ、会場のしつらえや、祭壇や料理のランクなども、実際に見ることができました。
こうしたセミナーを見たことで、親子の間で話すきっかけができ、母の具体的な希望も聞くことができたのはとても良かったと思います。

相続についても、元気でしっかり話すことができるうちに、他のきょうだいにも話をしてくれて、
母の死後も、もめることはありませんでした。
やはり、事前の心づもりが大事なのだなぁと実感しました。
こうしたセミナーに参加するのは、良いことだと思います。

父の遺産を相続しました

父が5年前に亡くなり、子供3人と義母で遺産を相続することになりました。
私たちの母は早くに亡くなっていて、父は義母と再婚していました。
だから、遺産の半分が義母の相続分ということになり、残りを子供3人で分けることになります。

父の遺産は、不動産である自宅と、あとは銀行の預金でした。
義母が弁護士さんに頼んでいろいろと調査したりして、遺産の配分を決めました。
自家用車については、義母が相続することになりました。
自宅については、その時点での資産価値が計算されて、だいたい何千万とかそういう具体的な数字が出ました。その数字と、残された預貯金の数字を法律で決められたとおりに分配することになりました。そうすると、自宅の資産価値がちょうど預貯金の額と同じぐらいになり、全遺産の半分ということで、自宅を義母が相続し、預貯金を3等分して、子供3人で分ければ問題なしということになりました。

おかげで計算が簡単で、家は義母のものになり、私たち子供は預貯金の3分の1ずつをもらって、何のトラブルもなく遺産分けができました。
誰も文句を言う人はいなかったし、納得していたので、問題も生じることなく、遺産問題が片付いて良かったと思います。こういったケースでは、もめる家族はもめるらしいですが、私たちの場合にはそういうことがありませんでした。無事に済んで良かったです。

相続税が軽減され、そのまま家に住むことができました

二世帯同居していたのですが、義理の母がなくなり主人が相続をすることになりました。
しばらくすると相続税についての封書が税務署から届き、申請が必要…というようなことの記載がありました。
相続税についての知識があまりない私たち夫婦は税理士さんに相談をしてみることにしました。
すると、普通に家を相続した場合はもしかすると相続税がかかってしまうかもしれないけれど、二世帯同居で一階と二階がドアが付いていてもつながっているので同居とみなされ相続税の税率が軽減されて追加で税金を納めることはしなくても大丈夫でしょうということでした。

最初はよく話が分からなかったのですが、同じ敷地で二世帯同居で家を構えていたとしても一階と二階が別々のものとして作られ、玄関が別々で中での行き来ができないと同居として認められず二世帯同居していると言っても相続税の減額措置は受けられなくなるということだったのです。
かろうじて中でつながっていた我が家は軽減措置が受けられましたが、今回初めてそのことを知りました。
プライバシーだなんだと言って上下の行き来ができない家の作りにしていたら…と思うと怖かったです。

お金が足りなかったら最悪家を手放して税金を払うという選択肢になっていたかもしれないので本当に良かったです。

相続手続きはお早めに

その時にならないと調べようとしないのが、相続手続きに関すること。

自分の父は結構な借金があったため、知り合いの司法書士から
「父親からの相続放棄しなさい」と助言がありました。
ちなみに相続権があるのは死んだ父の妻(私の母)と子供の私だけです。
父だけの借金でなく保証人にもなっている可能性があったためですが、
土地を売却しても借金の返済額までは届かなかったため
裁判所に相続放棄の手続きをとりました。
その後保険金で借金を全て返済し、保証人になっているものもなかったようなので
一安心でした。

相続権は私が放棄したので、母が相続人になり
母が亡くなったら自動的に私が相続するものだと思っていました。

父が新でから20年近く経った今年に、母親への相続手続きを開始しようとしたところで大きな問題が発覚しました。
私が相続放棄したおかげで、私の相続する分(50%)が父親の兄弟姉妹に相続の権利が
あるということです。
そして、父親の兄弟姉妹が死亡していた場合には、その子供に相続権があるということ。
それを調べるために、父親の父母の戸籍謄本をとり、父親の兄弟姉妹を調べたところ

父親の兄弟姉妹4人いました。
しかし、2人にはもう他界していますので、他界した方2人の子供達8人。
該当するのは全部で10人です。

父親の財産は少なかったですから、皆さん快く承諾してくれ
その方達から母親への相続を認めてもらう書類を提出してもらい、手続きが完了いたしました。

父親の兄弟姉妹の中で2人が生存していたのでまだよかったですが
これが2人とも他界していれば書類の数はもっと増えたことでしょう。
また、財産額が大きければ、もめるのは必須だったかもしれません。

こんなこともあり、自分が死んだ時の相続に関しては
公証役場なりを利用して、今から子供達に負担をかけないようするつもりです。

相続手続きは早めにしたたほうがいいとつくづく思った次第です。