相続手続きはお早めに

その時にならないと調べようとしないのが、相続手続きに関すること。

自分の父は結構な借金があったため、知り合いの司法書士から
「父親からの相続放棄しなさい」と助言がありました。
ちなみに相続権があるのは死んだ父の妻(私の母)と子供の私だけです。
父だけの借金でなく保証人にもなっている可能性があったためですが、
土地を売却しても借金の返済額までは届かなかったため
裁判所に相続放棄の手続きをとりました。
その後保険金で借金を全て返済し、保証人になっているものもなかったようなので
一安心でした。

相続権は私が放棄したので、母が相続人になり
母が亡くなったら自動的に私が相続するものだと思っていました。

父が新でから20年近く経った今年に、母親への相続手続きを開始しようとしたところで大きな問題が発覚しました。
私が相続放棄したおかげで、私の相続する分(50%)が父親の兄弟姉妹に相続の権利が
あるということです。
そして、父親の兄弟姉妹が死亡していた場合には、その子供に相続権があるということ。
それを調べるために、父親の父母の戸籍謄本をとり、父親の兄弟姉妹を調べたところ

父親の兄弟姉妹4人いました。
しかし、2人にはもう他界していますので、他界した方2人の子供達8人。
該当するのは全部で10人です。

父親の財産は少なかったですから、皆さん快く承諾してくれ
その方達から母親への相続を認めてもらう書類を提出してもらい、手続きが完了いたしました。

父親の兄弟姉妹の中で2人が生存していたのでまだよかったですが
これが2人とも他界していれば書類の数はもっと増えたことでしょう。
また、財産額が大きければ、もめるのは必須だったかもしれません。

こんなこともあり、自分が死んだ時の相続に関しては
公証役場なりを利用して、今から子供達に負担をかけないようするつもりです。

相続手続きは早めにしたたほうがいいとつくづく思った次第です。